ホーム » チェックイン » スターフライヤーで飛ぶ!福岡空港からの完全な乗り方マニュアル

羽田と九州地方を中心に離着陸している黒い飛行機のスターフライヤー。北九州線に次いで主力空港となる福岡空港へ毎日 便が運航しています。

混雑することで有名な福岡空港で、各空港からの便数や時間、チェックイン場所や通過する保安検査場の情報をまとめました。

福岡空港にはスターフライヤーは何便到着する?

airplane

スターフライヤーが福岡空港へ到着する便は全部で15便あります。東京の羽田空港からと中部空港からの2つの空港から福岡に到着。

時間は朝の8時台から夜の9時ごろまで福岡へ到着する便があるので、旅行、ビジネスなどで利用しやすい空港です。

  • 福岡=羽田 8便
  • 福岡=中部 7便

羽田空港間が便数が一番多い

そのうち、運航便数が一番多いのが東京にある羽田空港です。1日あたり8便が羽田と福岡を行き来しています。

便数が豊富な羽田と福岡間は、福岡からの乗継や遅延やフライトキャンセルがあった場合でも便の選択肢が多いため、柔軟性と利便性が高いのが特徴です。

08:35SFJ41ANA3841
11:15SFJ43ANA3843
12:10SFJ45ANA3845
14:10SFJ47ANA3847
15:10SFJ49ANA3849
17:50SFJ51ANA3851
20:25SFJ53ANA3853
21:55SFJ55ANA3855
2023年7月19日の運航状況

福岡から羽田まで
スターフライヤーで何時間かかる?

fukuoka airport2

スターフライヤーによる福岡空港から羽田空港までのフライト時間は、通常約1時間40分から2時間程度です。ただし、天候や航空交通の状況により、フライト時間は変動することがあります。

スターフライヤーの手続き方法

fukuoka airport3

福岡空港の国内線ターミナルビルに到着したら、スターフライヤーのチェックインカウンターで手続きを行います。チェックインの時間は、通常、出発時間の約2時間前から開始されます。

福岡ターミナルの1階がチェックインカウンター

福岡ターミナル内には、スターフライヤーのチェックインカウンターはありません。代わりにanaのチェックインカウンターを利用することになります。

各飛行機会社のチェックインカウンターが横並びになっており、anaのチェックインカウンターは、jalとアイベックスエアラインズの間です。

チェックインカウンターで手荷物手続き

anaのチェックインカウンターがあるので、受付もしくは自動チェックイン機を利用してチェックインしましょう。スターフライヤーへ預ける手荷物がある場合は、必ずチェックインカウンターで受付する必要があります。

福岡国内ターミナル2階から出発

fukuoka airport4

チェックインカウンター終了後、福岡ターミナルの2階の保安検査場で手荷物検査を行いましょう。出発用の保安検査場は、北と南に分かれており、行先などで通過する保安検査場が異なります。

当日発行した航空券かeチケットを確認して、保安検査場を通過しましょう。スターフライヤーの場合、保安検査場を通過の最終締め切り時間は、出発時刻の20分前です。

福岡ターミナルの搭乗口

スターフライヤーでは、搭乗手続きがスムーズに行えるよう、搭乗時間の約10分前にはゲートに到着していることを推奨。出発時刻直前には、最終アナウンスが流れて搭乗締め切りとなります。

締め切り時間に間に合わず、搭乗口に到着しても原則、搭乗することができないため、時間前に自分が搭乗するゲート前で待機しておきましょう。

福岡空港から出発する
スターフライヤーの乗り場

fukuoka airport

スターフライヤーの福岡空港での出発ゲートは、通常、福岡空港の国内線ターミナルビルに位置しています。しかし、出発ゲートはフライトごとに変わる可能性があるため、具体的なゲート番号はチェックイン時や搭乗前にスターフライヤーから提供される情報をご確認ください。

乗る場所が分からない場合は、空港スタッフに確認するといいでしょう。

スターフライヤーが
福岡ターミナルへ到着するとき

fukuoka airport6

福岡空港の到着ロビーは、国内線ターミナルビルの1階に位置しています。到着した旅客は、飛行機から降りた後、到着ゲートから到着ロビーへ向かいます。到着ロビーには、荷物受取所(バゲージクレーム)、レンタカーカウンター、タクシースタンド、バス停などがあります。また、レストランやショップも近くにありますので、到着後の移動や待ち合わせに便利です。

福岡空港からのスターフライヤーの
乗り方をマスターしよう!

羽田空港のように広い空港ではないため、福岡空港で迷うことはないと思いますが、チェックインや保安検査場、搭乗口については、スターフライヤーへ搭乗する前にしっかりと確認しておくことが大切です。

特に福岡空港は、便数が多いため、1便ないし2便程度、遅れてしまうと出発時刻や到着時刻、搭乗口などが変更することがよくあります。

福岡空港は、数ある空港の中でも混雑しやすいところとして有名なので、福岡空港から飛行機で出発する前にスターフライヤーの乗り方についてしっかりと確認しておきましょう!

関連記事

スターフライヤーのタイムセールが4月6日から販売開始

スターフライヤーのタイムセールが4月6日から販売開始

スターフライヤーの緊急タイムセールが4月6日から販売開始になります。販売期間は、4月12日までとなっているため、安い航空券を購入できるチャンスは7日間です。 羽田空港と中部空港を出発する便がセール対象になっています。スターフライヤーのタイムセール 緊急セールと題して、スターフライヤーが4月6日から4月12日までの期間中にタイムセールを開催することが決定しました。セール販売される搭乗期間は、6月から8月です。 一部の便や日にちではセールの対象外になっていることがあるので確認してから予約するようにしましょう。…

スターフライヤー緊急タイムセール開催!6日間限定

スターフライヤー緊急タイムセール開催!6日間限定

6日間限定の飛行機セールが開催されます。黒い飛行機で知られているスターフライヤーで、3月15日から3月20日までの6日間限定でスターフライヤーの航空券が安くなります。スターフライヤーのタイムセール 航空券が安くなるタイムセールが3月20日まで開催。対象となる運賃は、「STAR LIMITED」です。 期間と座席が限定されているタイムセールなので、普段、スターフライヤーを利用してない人も安い運賃で予約することができます。…

北九州へ行くならスターフライヤー!空港での手続きや運航便を紹介

北九州へ行くならスターフライヤー!空港での手続きや運航便を紹介

スターフライヤーは北九州空港を拠点に東京、大阪などへ運航している飛行機です。北九州の飛行機と言えばスターフライヤーと名前が挙がるとあって、羽田空港から北九州空港までの運航便が一番多い飛行機としても有名。 今回は、北九州空港を利用する際のスターフライヤーの手続き方法と運航便についての内容を紹介します。24時間空港の北九州空港 北九州空港は福岡県にある24時間運用の海上空港で、スターフライヤー含む多くの航空会社が国内外へ運航。ビジネスや観光に便利なアクセスを提供し、深夜早朝便も運航しています。…

スターフライヤーのクチコミ評判は?良いところと悪いところを比較

スターフライヤーのクチコミ評判は?良いところと悪いところを比較

北九州を拠点に運航している黒い飛行機が特徴であるスターフライヤー。外装が黒いということもありちょっぴりラグジュアリーな感じが漂う飛行機です。 限られた区間のみ運航しているため、まだ搭乗したことがない旅行者も多いと思いますので、今回は、スターフライヤーのサービス、路線、クチコミについての情報をまとめました。スターフライヤーとは? まず、スターフライヤーはLCCではなくANAと同様にフルサービスキャリアに位置付けされている飛行機です。そのため、一般的な航空券を予約する以外にはオプション料金は発生しません。…

【2024年1月】スターフライデーセールが開催!山口宇部空港までが安くなる

【2024年1月】スターフライデーセールが開催!山口宇部空港までが安くなる

スターフライヤー恒例イベントのスターフライデーセール。毎月最終金曜日にスターフライヤーの特別なキャンペーンが開催されます。 【2024年1月】スターフライデー 2024年1月のスターフライデーでは、様々な特別キャンペーンが実施されました。これらのキャンペーンは、旅行の計画を立てたくなるような内容で、航空券の特別セールや限定プロモーションが含まれています。   スターフライデーのキャンペーン内容 2024年度サマーダイヤ販売開始:…

スターフライヤーとanaの違いはどこ?飛行機の関係性について解説

スターフライヤーとanaの違いはどこ?飛行機の関係性について解説

スターフライヤーは、九州を主な拠点として、羽田、関西、山口へ運航している飛行機キャリアです。東京2大空港の羽田空港から出発する便がスターフライヤーの中でも一番多く、旅行者からビジネスまで幅広く利用されています。 スターフライヤーは、anaとのコードシェア便を運航させているため、anaで予約した人も、時間や便によって搭乗したことがあるでしょう。今回は、スターフライヤーとanaの関係性と違いについて情報をまとめました。 スターフライヤーとは?…