北九州を拠点に運航している黒い飛行機が特徴であるスターフライヤー。外装が黒いということもありちょっぴりラグジュアリーな感じが漂う飛行機です。

限られた区間のみ運航しているため、まだ搭乗したことがない旅行者も多いと思いますので、今回は、スターフライヤーのサービス、路線、クチコミについての情報をまとめました。

スターフライヤーの運航区間

国内線5箇所と国際線2箇所を運航しているスターフライヤー。運航区間はやや少ないですが運航している空港間の往復便は豊富です。

特に福岡空港と北九州空港は、1日あたり11便もあるため日帰り旅行や出張などに重宝されています。また、2024年現在は、運休になっていますが、福岡空港と中部空港から台北までの国際線も運航していました。

さらに早朝と深夜に運航している便もあるのでさまざまな場面で利用しやすいところがスターフライヤーの魅力です。

スターフライヤーの料金

旅行前の日にちで選択できる運賃の種類が分かれており、そら旅75、そら旅55、そら旅45、そら旅28、そら旅21があります。一番最安値となるのがそら旅75です。

羽田空港から北九州まで片道9,500円。スターフライヤーの料金イメージとしては、ANAよりも少し料金が安いのが特徴です。

スターフライヤーはマイルが貯まる

航空券を予約して搭乗すると利用区間に応じてマイルが貯まります。スターフライヤーで貯めたマイルはスターフライヤーの航空券と交換できたり羽田空港内の飲食店で交換することができます。

少ないマイル数で交換でき、航空券は片道から交換できるので他の飛行機よりも利便性が高いのが特徴です。

スターフライヤーの評判を調査

kitakyusyu

本題となるスターフライヤーの評判を調査しました。概ね旅行者からの評価は高く、あまり不満の声はありませんでしたが、一部満足度の低いところもあります。

スターフライヤーの良い評判

評判が良いところが全部で3つありました。評判の良いところを分けて紹介していきましょう。

これらの良い評判が、2023年度の日本顧客満足度調査で国内空港部門で1位を獲得している理由です。

1.充実した機内サービス

3つの良い評判の中でクチコミ評価が高かったのが機内サービスです。最近では飛行機利用できるようになってきた無料wifiからクラスの高くないと座ることができない革張りシートがスターフライヤーでは標準になっています。

飛行機に搭乗している間、特に重視されている快適性は、他の飛行機よりも優れた一面をスターフライヤーは持っています。JALファーストクラスやANAプレミアムクラスに乗れていない人たちが革張りシートを目的にスターフライヤーを選択している人がクチコミでも多かったです。

2.定時到着率

続いて良い評判になるのが、スターフライヤーの定時到着率。定時到着率は、時間通りに空港に到着することです。

2022年は1位、2023年は2位と非常に高い定時運航率を誇っているため、遅延が少なく予定通りの旅行を行うことができます。飛行機はよく遅延することがあるので、遅延や欠航なく空の移動をしたいならスターフライヤーがおすすめです。

3.スタッフの対応

スターフライヤーの評判の良さは、飛行機の機体だけでなく客室乗務員の丁寧な対応をしてくれるところ。機内での応対だけでなく、地上でのチェックインプロセスや案内もスムーズで、乗客の不安や疑問に迅速に対応している点が評価されています。

このような細やかな配慮と質の高いサービスが、スターフライヤーの良い評判の一因です。

スターフライヤーの悪い評判

kitakyusyu

良い評判がある一方で、悪い評判もあります。それがスターフライヤーの路線数の少なさとLCCよりも料金が高いところです。

1.路線数が少ない

1つ目がスターフライヤーの路線数が少ないと言っているクチコミが多く行ける場所が限られてしまうところが悪い評判に繋がっています。主にスターフライヤーが運航している場所は、福岡や北九州、関西、中部の西日本がメインです。

そのため、東北から北海道への路線がないところがマイナスに捉えられています。

2.LCCよりも高い料金設定

クチコミで多かったのが、LCCよりも料金が高いところです。ANAよりも料金は安く設定されていますが、LCCと比べると料金に差があります。

例としてLCCピーチの成田空港から福岡空港までの料金を比較。成田から福岡までの6,590円が最安値となっており、スターフライヤーの料金と比較すると3,000円程度差があります。

このことから、スターフライヤーの料金が高いという印象を持っていることが分かります。

スターフライヤーの総合評価

路線数が少ないことやLCCよりも料金が高いといった悪い評判こそありますが、良い評判の方が多いです。良い評判は、定時到着率や機内サービスの良さ、客室乗務員、地上スタッフの対応が良く評価も高いところです。

総合的にクチコミを見ても良い評判が多く、「また利用したい」との声があります。スターフライヤーの良い点と悪い点を把握しつつ快適な空の旅を満喫しましょう。

さぁ旅行予約をしよう

航空券比較:スカイスキャナー・wayaway/etc
ホテル予約:booking.com・Expedia・agoda/etc

関連記事

スターフライヤーのタイムセールが4月6日から販売開始

スターフライヤーのタイムセールが4月6日から販売開始

スターフライヤーの緊急タイムセールが4月6日から販売開始になります。販売期間は、4月12日までとなっているため、安い航空券を購入できるチャンスは7日間です。
羽田空港と中部空港を出発する便がセール対象になっています。

北九州へ行くならスターフライヤー!空港での手続きや運航便を紹介

北九州へ行くならスターフライヤー!空港での手続きや運航便を紹介

スターフライヤーは北九州空港を拠点に東京、大阪などへ運航している飛行機です。北九州の飛行機と言えばスターフライヤーと名前が挙がるとあって、羽田空港から北九州空港までの運航便が一番多い飛行機としても有名。 今回は、北九州空港を利用する際のスターフライヤーの手続き方法と運航便についての内容を紹介します。24時間空港の北九州空港 北九州空港は福岡県にある24時間運用の海上空港で、スターフライヤー含む多くの航空会社が国内外へ運航。ビジネスや観光に便利なアクセスを提供し、深夜早朝便も運航しています。...

【2024年1月】スターフライデーセールが開催!山口宇部空港までが安くなる

【2024年1月】スターフライデーセールが開催!山口宇部空港までが安くなる

スターフライヤー恒例イベントのスターフライデーセール。毎月最終金曜日にスターフライヤーの特別なキャンペーンが開催されます。 【2024年1月】スターフライデー 2024年1月のスターフライデーでは、様々な特別キャンペーンが実施されました。これらのキャンペーンは、旅行の計画を立てたくなるような内容で、航空券の特別セールや限定プロモーションが含まれています。   スターフライデーのキャンペーン内容 2024年度サマーダイヤ販売開始:...

スターフライヤーとanaの違いはどこ?飛行機の関係性について解説

スターフライヤーとanaの違いはどこ?飛行機の関係性について解説

スターフライヤーは、九州を主な拠点として、羽田、関西、山口へ運航している飛行機キャリアです。東京2大空港の羽田空港から出発する便がスターフライヤーの中でも一番多く、旅行者からビジネスまで幅広く利用されています。 スターフライヤーは、anaとのコードシェア便を運航させているため、anaで予約した人も、時間や便によって搭乗したことがあるでしょう。今回は、スターフライヤーとanaの関係性と違いについて情報をまとめました。 スターフライヤーとは?...